So-net無料ブログ作成
検索選択

生徒を信じること [2016 教員14年目]

生徒が無茶な要求を出してくることがある。
それをできるだけ一度受け入れてあげる余裕がほしい。
確かに生徒が我々を試しているだけかもしれない。
でも、それを無下に断るのか、それとも受け入れる度量があるのか。
その確認に生徒の本意があるのではないかと思う。
「この先生はオレの言ったことを受け入れてくれた。信じてくれた。」
そういう所から信頼がスタートするのではないか。

もしこっちが裏切られたとしても
「オレは1回お前を信じたよ」というところから指導を始めればよい。

「大人に信頼してもらった」という経験を生徒に植え付けさせたい。
親にも信頼されてこなかった子どもたちがいるかもしれないから。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る